smtwtfs
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
profile
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

[福岡ダイエー21回戦]

0−6から追いつき、引き分けに持ち込む。
欲を言えば、9回裏に一気にサヨナラまで行ってしまいたかったところだが。ま、仕方ないでしょう。
ロッテ・近鉄がともに勝っているので、プレーオフ進出争いはさらに混沌。あしたはスッキリ勝ってほしい!

 ◇北海道日本ハム×福岡ダイエー21回戦(福岡ダイエー13勝6敗2分け、札幌D・26000)
101112
ダイエー1020300000006141
日本ハム000000501000690
(ダ)星野―山田―松―吉武―三瀬―倉野=田口
(日)押本―清水―須永―井場―建山―横山=高橋信
HR:井口18号(1・押本) ズレータ26号(1・押本) 27号(3・押本) 高橋信20号(1・星野)

最近は五輪中継ばかり見てて、なかなかプロ野球にまで気が回らないのが実情。(^^;;;
きょうは時間があったので、9回裏の途中から観戦。午後11時を過ぎても、あんなにお客さんが残ってくれる。うれしいことだ。

さすがに夏だね。浴衣姿で観戦してる女性がスカパーに映し出されていた。今年は地元の祭りにも出かけずに、ひたすら五輪モードの私にとっては、季節感をふと思い起こさせてくれる映像だった。(試合と全然関係ないけどね)

at 23:55, つげちゃん, 2004ペナントレースの記録

comments(0), trackbacks(0), pookmark

[オリックス21回戦]

一発攻勢で圧勝。オリックス4連戦を3勝1敗で乗り切り、オリックス戦の勝ち越し決定!
借金も「1」となり、再び5割に王手。西部は強い相手だが、あしたも勝利を。

 ◇オリックス×北海道日本ハム21回戦(日本ハム14勝7敗、ヤフーBB・21000)
日本ハム01020015211131
オリックス011000002470
(日)○正田(6勝4敗)―河本―建山―芝草=高橋信・中嶋
(オ)●川越(5勝7敗)―松村=日高
HR:木元6号(1・川越) 高橋信19号(2・川越) 藤島1号(1・川越) 島田4号(2・川越)

続きを読む >>

at 23:51, つげちゃん, 2004ペナントレースの記録

comments(0), trackbacks(0), pookmark

[オリックス20回戦]

立ち上がりだけ見たら「きょうもファイターズ圧勝か?」とか思ったんだけどねぇ。
オバンドーに先制打を浴びたところで、歌藤をスパッと交代させたオリックス。結果的にこの決断が「吉」と出た。
田中幸に1球投げたところでの交代だったので、最初は「何かアクシデント?」と思ってた。

その後、古城のトンネルで追いつかれ、流れがおかしくなってしまった。

 ◇オリックス×北海道日本ハム20回戦(日本ハム13勝7敗、ヤフーBB・19000)
日本ハム1000000124102
オリックス14200000X7120
(日)●江尻(4勝1敗)―清水=高橋信
(オ)歌藤―○相木(3勝0敗1S)―山口=日高
HR:オバンドー5号(1・相木) セギノール35号(2・相木)

しょうもないミスが多すぎ。流れが悪すぎたので、3回あたりから見る気がしなくなった。
それでも、終盤に両外国人の一発で山口を引っ張り出したのは、あすにつながると思うが。

それでも、歌藤の早いKOで急きょ登板の相木を9回まで持たせちゃいかんでしょ。
江尻も中盤以降は立ち直ったようだっただけに、もったいなかったですなぁ。
続きを読む >>

at 22:40, つげちゃん, 2004ペナントレースの記録

comments(0), trackbacks(0), pookmark

[オリックス19回戦]

序盤3回までは、具台晟の前に1安打。淡白すぎる感さえあったファイターズ。しかし、5回二死からの集中打はさすがの一言。
塩崎の失策で田中幸が出塁すると、島田が今季初の犠打で二塁へ。小谷野は三振に倒れたが、9番スタメン・森本がレフトへタイムリー二塁打。新庄も左中間へのタイムリーで勝ち越し。仕上げはセギ様。久々のHRは、レフトスタンドで観戦していた旭川北高ナインのはるか頭上を越えていく場外弾。8回にはオバンドーの2ランも飛び出し、オリックスに連勝。

押本は、田中幸の2失策で足を引っ張られたりもしたが、7回途中まで1失点(自責0)で6勝目。ビジターでの勝利はプロ初。

 ◇オリックス×北海道日本ハム19回戦(日本ハム13勝6敗、ヤフーBB・32000)
日本ハム000050020782
オリックス001000000191
(日)○押本(6勝7敗)―井場―清水=高橋信・中嶋
(オ)●具台晟(3勝6敗)―本柳―小倉―松村=日高
HR:セギノール34号(3・具台晟) オバンドー4号(2・小倉)

しっかし、具台晟対策とはいえ、スタメンに右打者ばかり9人並べたのには、すごく驚いた。
序盤は全然打てなかったし、三塁の幸雄さんは2失策だし、「これは失敗なんじゃないの?」と思ってたんだけど。
いやはや、勝ってくれてよかったですよぉ。これで(チーム)50勝到達。

 
この日のヤフーBBは「花火ナイト」。せめて雰囲気だけでも…。

 
セギノール第34号は、旭川北高ナイン(右写真中ほどの白い一団)のはるか頭上、売店も越えて場外へ!

at 22:28, つげちゃん, 2004ペナントレースの記録

comments(0), trackbacks(0), pookmark

[オリックス18回戦]

金村、自己最多となる11勝目。
調子自体はよくなかった…というが、6回1失点(自責0)はさすが。
アテネ五輪出場のため離脱中の岩隈とは2勝差。鬼の居ぬ間に(!?)最多勝争いに参戦!

 ◇オリックス×北海道日本ハム18回戦(日本ハム12勝6敗、ヤフーBB・17000)
日本ハム0040210007122
オリックス000010200382
(日)○金村(11勝5敗)―伊達―芝草=高橋信
(オ)●徳元(0勝2敗)―小林―松村=日高
HR:オバンドー3号(3・徳元)

ヤフーBB、西武Dと続くビジター7連戦。最下位・オリックスには、最低でも3勝1敗くらいでいってほしいところ。

at 23:46, つげちゃん, 2004ペナントレースの記録

comments(0), trackbacks(0), pookmark

[千葉ロッテ23回戦]

こんなところで、サンデー晋吾復活とはねぇ。(^^;;;

 ◇北海道日本ハム×千葉ロッテ23回戦(日本ハム13勝10敗、札幌D・38000)
ロッテ0210010105111
日本ハム000000000041
(ロ)○小野(3勝2敗)―薮田=橋本
(日)●立石(4勝3敗)―井場―清水―芝草=高橋信

下位のロッテ相手の3連戦だったから、確実に勝ち越して3位の座をより強固なものにしたかったわけですが。
やはり、金曜日の試合が悔やまれますねぇ。4番に入った高橋信にもう1本でも出てりゃさぁ…。

…っと。終わったことは仕方ない。
4位・近鉄も負けたので、直接の差は1.5で変わらないが、5位・ロッテともわずかに2ゲーム差。
プレーオフ最後の1つの椅子はどこへ? シーズン終盤まで予断を許さない展開になりそうだ。

at 23:37, つげちゃん, 2004ペナントレースの記録

comments(0), trackbacks(0), pookmark

[千葉ロッテ22回戦]

2回に二死から5連打を浴びるなど、ミラバルが序盤3回で5失点。
しかし、相手のミスにも乗じ、4回までに5−5の同点に追いつく。
6回裏、セギノールのタイムリーで勝ち越し。8回には高橋信の2点タイムリー三塁打でだめ押し。

きのうは抑えに失敗した横山が、9回のロッテ打線を3人で片付け快勝。5点差をひっくり返す大逆転で、きのうの雪辱。

 ◇北海道日本ハム×千葉ロッテ22回戦(日本ハム13勝9敗、札幌D・34000)
ロッテ0410000005112
日本ハム00230102X8131
(ロ)セラフィニ―●神田(0勝1敗)―高木―山崎―川井―舩木=橋本・里崎
(日)○ミラバル(7勝7敗)―伊達―河本―建山―S横山(2勝5敗25S)=高橋信
HR:フランコ14号(1・ミラバル)

ミラバル、6回5失点と内容はよくなかったが勝ち投手となり7勝目。ようやく星を五分に戻す。やはり、最低でも2ケタは勝ってもらわないと来季の残留は「?」でしょうからねぇ。もっと奮起してもらいたいところ。

打線では、新庄・坪井の1・2番がともに3安打と見事にチャンスメイク。
思えば、坪井デーに活躍する坪井ってのは、今年初めてかもしれない。(^^;;;
続きを読む >>

at 23:23, つげちゃん, 2004ペナントレースの記録

comments(0), trackbacks(0), pookmark

[千葉ロッテ21回戦]

悔しすぎるぅ。あと1人まで行ったのにぃ。
勝負の行方は二転三転。8回裏一死満塁、代打で登場の田中幸がしぶとく押し出し四球を選び勝ち越し。流れは完全にファイターズだったのだが。その後のチャンスにもう一押しできなかったのが悔やまれる。

 ◇北海道日本ハム×千葉ロッテ21回戦(日本ハム12勝9敗、札幌D・24000)
ロッテ030001003790
日本ハム2001001105121
(ロ)渡辺俊―川井―山崎―藤田―○薮田(3勝1敗)=里崎・橋本
(日)正田―建山―●横山(2勝5敗24S)=高橋信

苦手・渡辺俊が相手ということもあり、大幅にメンバーを入れ替え、今季初めて高橋信を4番に据えた。第1打席こそチャンスに三塁線を破る2点タイムリーが出たものの、第2・3・4打席といずれもチャンスで凡退。もう一押しが出来なかった。

正田は7.0/3回4失点(自責2)。セットポジションでの投球に課題あり。それでも、失点した2・6回以外はいずれも相手の攻撃を3人で退けた。そこから、建山―横山というリレーで、必勝パターンに持ち込んだが…。うーん、残念。しょんぼり

ここまで何とか3位を守っているが、100試合近くを消化し、残り試合数もだいぶ少なくなってきた。
だからこそ、勝てる試合はキッチリ勝ちたい。下からの突き上げも激しさを増すわけだし。あすこそスッキリと勝ってくれ!
続きを読む >>

at 22:19, つげちゃん, 2004ペナントレースの記録

comments(0), trackbacks(0), pookmark

[大阪近鉄21回戦]

江尻は、きのうの押本と違って割とストライク先行の場面が多く、テンポもよかった。
途中、大村の2点タイムリーで逆転を許したが、それ以外は要所を抑え、7回5安打2失点。
6回裏無死満塁から木元の逆転タイムリー三塁打! レフトスタンド大騒ぎ。
まわりのお客さんとグータッチ。通路を挟んで斜め前にいた見知らぬおじさんと熱い抱擁。(笑)
こういうのは勢いですから。(^^;;; 試合終了後、隣にいたおばちゃん達ともハイタッチ。

たまにしか見に行けないから、1つ勝つだけでもすごく嬉しい。なんだか、病み付きになりそうです。(^^;;;

 ◇北海道日本ハム×大阪近鉄21回戦(近鉄11勝10敗、札幌D・23000)
近 鉄000020000251
日本ハム10000300X490
(近)●パウエル(5勝7敗)=的山・長坂
(日)○江尻(4勝0敗)―建山―S横山(2勝4敗24S)=高橋信

江尻は負けなし4連勝。勝ち負けのつかなかった試合も含めて登板6試合で全てファイターズ勝利。
どこまで続くか、この記録。長く続けば続くほど、プレーオフ進出が一歩一歩近づいてくる。

そういえば、この日のピンバッジガチャガチャ(※1)で、たまたま江尻が出た
スタンドでの観戦時にいつも着ている「YES! HOKKAIDO」のTシャツにさりげなくつけて声援。
そして。よーく思い出すと「来場記念ピンバッジ(※2)」は、木元だった
その日のお立ち台に上がった2人のピンバッジが2つとも手元にあったのだ。偶然とはいえすげぇよ、おい。
続きを読む >>

at 23:59, つげちゃん, 2004ペナントレースの記録

comments(0), trackbacks(0), pookmark

[大阪近鉄20回戦]

選手会主催の署名活動に参加したため、入場が遅くなってしまいましたよ。(^^;;;
入場した頃には、三塁側外野はほぼ満席で、スタンドのかなり上の方で観戦。けど、それは仕方ないですね。
署名活動の様子については、また後日レポートを書きたいと思います。

試合の結果だけ言えば、岩隈にまたまたまたまたまたまたまたまたまたまた負けてしまいました。
全く手が出ない…というわけでもなかったけど、12三振ではちょっと。スライダーがキレキレだったみたいです。

先日お世話になったしょうへいさんとももさんにもご挨拶。観戦のコツも少し教えてもらいました。

この試合を最後に、アテネ五輪組は合宿に入ります。
岩隈が「金メダル獲って帰ってきます!」と言った瞬間、近鉄だけでなく日本ハムファンからも拍手が起こりました。
アテネ五輪開幕まであと10日。小笠原も金子も岩隈も中村も、もちろん他の選手も頑張って。テレビの前で応援します!

 ◇北海道日本ハム×大阪近鉄20回戦(近鉄11勝9敗、札幌D・25000)
近 鉄0100040005121
日本ハム000000020280
(近)○岩隈(13勝1敗)―Sカラスコ(5勝7敗4S)=的山
(日)●押本(5勝7敗)―清水―伊達―芝草―井場=高橋信

5回裏、無死一・二塁で送ることができずに、チャンスをつぶした日本ハムに対して、
近鉄は、直後の6回表の無死二塁できっちり犠打を成功させ、岩隈相手には重すぎる4点を追加。ここが、きっと勝負の明暗を分けた場面。送りバントさえきっちりできていたら、坪井の左飛は犠飛になって同点だった…。

岩隈は当然完投するもんだ!と思っていたら、9回はカラスコ。
もしかしたら…と思ったんだけど、何も起こりませんでした。(笑) これで4位・近鉄とのゲーム差0.5。 やばっ!

ま、過ぎたことをくよくよ言ってもしょうがないです。
前回の近鉄戦だって、岩隈には負けたけど、他の2試合はモノにしてカード勝ち越ししてますし。
「来ると負ける」ジンクスの打開策は、
「だから行かない!」ではなく「勝つまで見てやるぞ、このヤロー!(猪木風)」…ということで。

at 23:59, つげちゃん, 2004ペナントレースの記録

comments(0), trackbacks(0), pookmark